ワキ脱毛 生理中

生理中はワキ脱毛でも出来ないんです

ワキ脱毛 生理中

多くのクリニックや脱毛サロンでは、生理中の脱毛施術はできないとしています。
デリケートゾーン以外のワキや腕、脚などは施術ができる施設もありますが、多くの施設では避けるように注意されます。

 

ワキ脱毛は、生理とは関係ないと思われがちですが、実はワキ脱毛でも、生理中に行うことで肌に大きな負担をかけてしまいます。
女性の体は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが機能しており、生理中はエストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加するため肌が敏感になってしまうのです。
そのため、ニキビができたり、肌が荒れる、調子が悪くなると感じる人も少なくありません。
不安定な状態の肌に脱毛施術を行うと、いつも以上に痛みを感じやすかったり、赤みやかゆみ、炎症といった肌トラブルになる恐れがあります。
脱毛サロンで使用されている光脱毛は、肌にやさしい脱毛施術と言われていますが、それでも肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

生理が終わるとプロゲステロンの分泌が減少して、エストロゲン分泌が増えるために肌の状態も良くなるので、脱毛によるダメージを受けにくくなります。
さらに、脱毛抑制効果も高まるので、この時期に光脱毛をすればホルモンとの相乗効果によってより効果的に脱毛することができます。

 

生理中でもワキ脱毛ができる施設で光脱毛などの施術を受ける場合は、いつも以上に保湿ケアをしっかりと行いましょう。より効果的でトラブルなく行いたいのであれば、生理後に受けると安心です。

 

 

>>生理が終わったらミュゼ函館へ