全身脱毛 悪影響

全身脱毛には副作用などもあるんです

全身脱毛 悪影響

全身脱毛は、体に悪影響を与える恐れがあります。
よく知られている副作用は毛嚢炎です。
全身脱毛では、光脱毛やレーザー脱毛を行いますが、これらは熱を利用して毛根にダメージを与えます。
よって施術の時に毛穴の皮膚組織に悪影響を及ぼし、ブドウ球菌などの雑菌などが侵入します。
傷が膿みニキビのような毛嚢炎が副作用として現れます。
全身脱毛の中でも特にヒゲとデリケートゾーンの脱毛で起こりやすいです。また全身脱毛で起こる火傷はレーザー熱傷と呼ばれ、皮膚に悪影響が出ます。
必要以上の高温が毛穴の中で発生すると起こります。
スタッフが誤って高温で照射したり、皮膚が乾燥していたりするのが原因です。

 

高い脱毛効果を得ようと、照射してはいけないホクロや色素沈着を起こしている部分に光を当てると、副作用を招きます。
脱毛サロンのレーザー脱毛は出力の弱い光を使っているので、医療のレーザー脱毛より痛みは少ないと言われます。

 

そして最も副作用のリスクが高いのが自宅で行う全身脱毛です。
レーザーの光を正しく扱うことができれば、脱毛を安全に行うことができます。しかし、自分で脱毛器を購入して、出力も自分で調節する必要があり素人判断は難しいです。間違って炎症している部分に照射したり、冷却が不十分であったりします。
一度脱毛した部分が分からなくなるので要注意です。脱毛回数が通常のサロンで行うより増えてしまうので、肌にも負担がかかり悪影響を及ぼします。

 

>>安心の全身脱毛ならミュゼ函館へ